あなたの昔の身分は大名、侍、農民?苗字で分かる身分の由来


日本人の誰もが持っているモノといえば「苗字」ですよね。普段の生活では気にしないことも多いのですが、ふと「自分のご先祖様はどんな人だったんだろう?」と考えたことはないでしょうか。
もしかしたら大名?いやいやお侍さんだった?それとも農民かも?そんなふうに想像してみると楽しいですよね。そこで苗字をベースにして、あなたの家系の昔の身分を調べてみませんか?

ご先祖が大名や武士だったというパターン


まずご先祖の身分が大名・武士というケースです。家系図があれば容易いのですが、そんなものが伝わるのは由緒ある旧家くらいでしょう。あるいは、お爺様やお父様が「うちは昔、武士の家系だった」なんて口ぐせにようにおっしゃっていたならビンゴです。どこの藩に仕えていたのか?ご先祖がどこに住んでいたのか?そんなことがわかれば昔の身分を解明することは簡単です。

もしいずれにも該当しないのであれば、これはもう自分で探すしかありません。解明のキーとなるのは、ズバリ「地域と家紋」ですね。ありがたいことに苗字には「分布範囲」というものがあり、この苗字は日本のどの地域に多いか?を表したものです。ネットでも簡単に検索できますよ。

例えば「大野さん」ですと、千葉・岐阜・愛媛あたりに濃く分布しています。また家紋は「丸に違い鷹の羽」や「丸に三階鱗」あるいは「丸に橘」などが多いようです。
ということは、千葉県に縁が深くて親戚も多い。しかも「丸に違い鷹の羽」の家紋を使っていたとしたら、桓武平氏繁盛流もしくは清和源氏義光流のルーツを持つ公算が高いわけです・

同様に岐阜県に縁が深く、「丸に三階鱗」の家紋を持っていたらどうでしょう?これは藤原北家利仁流を表し、戦国時代に美濃守護代だった斎藤氏にルーツを持つことになります。

このように苗字の分布範囲を調べ、さらに家紋とドッキングさせることが必要でしょう。これはどの苗字でも共通する作業です。ちなみに家紋の種類や謂れなどはネットで調べれば、すぐに出てくるのでチャレンジしてみて下さいね。

それともう一つ。平安~鎌倉時代の武士は、地名をそのまま苗字としていました。相模国三浦郡(現在の三浦半島)に住んでいたから三浦氏。また相模国江間に領地を持っていたから江間義時(のちの北条義時)といった具合に、地名がそのまま苗字だとしたら、あなたは由緒ある武家にルーツを持っていることになるでしょう。

この探索方法は大変理に叶っていますね。但馬の朝倉・越前の織田、相模の伊東や近江の尼子などなど、領地がそのまま苗字になった武士が確かに多いです。しかし注意が必要なのは、いくら本貫の地を苗字にしていても移動しているケースがけっこう多いということ。

例えば鎌倉時代に活躍した大江広元の四男・季光は相模国・毛利荘(もうりのしょう)を領しましたが、そののち子孫は安芸や越後に分かれて移住しています。 また関ヶ原の戦い後の移封や、武断政治による大量取り潰し、あるいは転封などによって、日本全国で武士のシャッフル現象が起こりました。ですから詳しく判別できるのは「宇多源氏佐々木氏流」や「藤原秀郷流佐藤氏族」といった大まかな流派くらいでしょう。とはいえ、ご先祖様がどのような場所に住み、どのような存在だったのか?時間を掛けて調べてみるのも楽しみの一つだと言えますね。

ご先祖が農民だった場合はどうなる!?


江戸時代の身分ごとの人口比率を見ると、武士が7%で町人が5%ほど。いっぽう大部分の85%を占めるのが農民でした。つまり日本人10人のうち8人までが農民にルーツを持つことになります。
しかし悲観しないでください。江戸時代になって武士から帰農したパターンも相当数ありますので、元をたどれば武士だった場合もあるわけです。

さて江戸時代の農民は苗字を持たなかったとされていますが、それは大きな間違いです。持たなかったわけではなく、名乗れなかっただけのことですね。当時の農村で「人別改帳(にんべつあらためちょう)」などに記載されているのは「権兵衛」だの「五平」だのといった名前だけですが、控え帳簿にはしっかり苗字が載っています。また墓碑にもしっかり苗字が刻んでありました。いわば誰にでも苗字はあったわけですね。

地方出身の方ですと自分の親戚だけでなく、その地域一帯に同じ苗字が多いことに気付くはずでしょう。どこを見ても田中だらけ。あっちは中島だらけ。といったふうに同じ苗字を持つ人が固まっていることが多いです。これは村もしくは集落がおこった際に、同じ一族で住んでいたことを示します。
「ここは川も近いし水に困らない。しかも広い土地まであるじゃないか」ということで、「広野」や「野田」といった苗字を付けるわけですね。

もし同じ苗字の方が同じ地域に固まっていて、農業や村に関係あるワードを使っていたとしたら、あなたのルーツはほぼ農民で確定でしょう。「西畑」「広田」「田村」「中村」「桑田」など、たくさんあると思います。

同じ農村で暮らす血縁的・地縁的結合の他に、中世には「講」という宗教組織がありました。元々はお坊さんが修行したり、仏典を読んだりする集団を指していたのですが、いつしか民衆レベルで宗教行事を行なう集団となったようです。現在でも「えびす講」や「無尽」といった組織が存在していますね。

特定の宗派を信仰する人々は、講にあやかった苗字を用いることもあったようです。例えば法華経に関連する「八講(はっこう)」や、石川県に多い「衆徒」など、「自分はこれだけ仏に帰依しているんだぞ!」とアピールしたかったのかも知れませんね。

ご先祖が商人や職人だったパターン


比率こそ少ないのですが、次にご紹介するのは「商人」や「職人」のパターンです。商人や職人は基本的に世襲制ですから、代々職業は引き継がれるものです。自らの商売を苗字にするパターンが多いのが特徴でした。
商人の場合、まずご先祖が住んでいた地域を調べましょう。江戸・大坂・京都といった大都市、もしくはお城のある城下町といったところでしょうか。

多くの商人は「〇〇屋」といった屋号を用いていたため、そのまま苗字となるパターンが多かったようです。出身地を表す「奈良屋」や「越後屋」、あるいは花を扱うから「花菱屋」、海運の神・大黒さんにあやかった「大黒屋」などなど、特色のある苗字になっています。
明治になって苗字を届け出る際、「屋」を外した形で申請することが多かったそうです。中には「屋」を「谷」に変えて「加賀谷」と名乗ったケースもありました。

ちなみに商人の町として栄えた富山県射水市の旧新湊地区では、ほとんどの家が「屋」を取って苗字としたため、「花」や「米」といった苗字が多いそうです。また秋田市や岸和田市などでは「屋」を「谷」に変えて申請したことから、苗字の末尾に「谷」がつくパターンがたくさんあるとも。

次に職人の苗字ですが、古代に犬や鳥を飼っていたことから「犬養」や「鳥飼」といった苗字がありますし、荘園の管理を生業とした「庄司」や「公文」「田所」なども職業を表すものです。
さらに江戸時代にさまざまな商品や工芸品が出回るようになると、職人のカテゴリーもどんどん広がっていきました。やがて明治になって苗字を登録する際、商売に絡むものが多くなっています。
例えば布団の綿を打つ職人だから「打綿」、鹿児島県に多く、餅にかかわる職業だったから「餅井田」など、やはり特色のある苗字が並びますね。

ご先祖様が商人や職人だったことを知るもう一つのツールが家紋です。御用達彫金師だった後藤四郎兵衛家のみが使用を許された「分銅紋」などが有名ですが、大店を構える商人たちはそれぞれ特色のある家紋を用いました。商家ならではの「うだつ」や「破風」を取り入れたり、三井越後屋のように屋号を家紋に取り入れたりしたそうです。

また職人のケースも同様ですね。屋号や取扱い商品を家紋へ組み入れたり、見ただけで職業がわかるようなものが多かったといいます。いずれにしても商品の品質と責任を示すもので、現代で言うロゴマークのような存在だったのでしょう。

貴族や公家がご先祖だった場合は希少価値がある?


次に解説するのは、ご先祖が貴族や公家だという場合です。「貴族がご先祖なんてすばらしい!」と喜ぶのは早すぎるかも知れません。由緒ある貴族直系の子孫はおおむね決まっていて、あとはどれだけ流れを汲んでいるかどうかです。もし可能性が高いとすれば、京都にまつわる地名をお持ちの家でしょうか。

例えば「姉小路」や「万里小路」など京都の通りにちなむもの。あるいは「西園寺」や「徳大寺」といったお寺っぽい苗字ですね。とはいえ明治になって、わざと公家風の苗字を付けた人もたくさんいたようなので、どこまで本当なのかわかりません。やはり苗字と家紋を突き合わせた方が確実ではないでしょうか。

しかし流れを汲むという意味では朗報もあります。「佐藤」「藤原」「安藤」「加藤」といった「藤」が付く苗字なら、少なからず藤原氏の血統を受け継いでいる可能性があるでしょう。
平安時代は公家をはじめ、下級官僚なども藤原氏ばかりで区別がつかなかった時代です。そのため苗字を用いることで区別するようになりました。しかし藤原の名を消さないよう「藤」の漢字を残して、地名や職業と組み合わせたそうです。
ですから「藤」の一字を苗字に持つあなたは、あの名門・藤原氏の子孫だと言えるでしょう。

ご自分のご先祖が、あの名門貴族・藤原氏というのはなんて素晴らしいことでしょうか。しかし喜んでばかりもいられません。実際に藤原氏の子孫なのかどうか?やはり疑問があるからです。
江戸時代になると、一般庶民も家系についての関心が高まっていました。栄華を極めた藤原氏にあやかりたいという気持ちから、藤原氏を始祖とした家系図が作られるようになったのです。もちろん偽物に過ぎないのですが、庶民の気持ちもわからなくはありません。家をきちんと残していく以上は歴史を記し、それを大事に子孫へ伝えていく必要があったはずです。苗字もまた藤原にちなんだ「藤」を用いたわけですね。

ちなみに日本人の氏(うじ)を辿っていくと、「源氏」や「藤原」が大半で、「平氏」と「橘」を加えた「源平藤橘」にほとんどの日本人が収まってしまうそうです。ということは日本人の大半は名族出身ということになるでしょうか。

祖先はもしかして神官だった?のパターン


古来より仏教と並んで日本人が崇めてきたのが神道(しんとう)です。現在でも全国には数えきれないほどの神社があり、初詣や祈願などでお世話になる方も多いでしょう。
昔はそれぞれの神社に神官がいて、神にお仕えしていたわけですが、人口の減少や過疎化にともなって今では無人の神社の方が多いくらいです。そのため神官をやめてしまった家系も多いということになります。

ちなみに神官の苗字には特有のものが多いです。「安心院(あじみ)」や「石徹白(いとしろ)」、「忌部(いんべ)」などがありますし、「御手洗(みたらい)」や「宮丸」といったいかにも神社っぽい苗字もありますね。
また神官から武士に転身した家系が多いのが特徴です。あの織田信長の先祖だって元は越前の神官ですし、諏訪や阿蘇など神官でありながら戦国大名となった家系もあります。

さて先祖が神官だった場合の見分け方ですが、あなたのルーツと思われる地域に神社があるかを調べてみましょう。そして苗字と照らし合わせてみるのです。すると苗字が「小串」なら小串神社、「大倉」なら大倉神社といった感じで、不思議と苗字と神社名がリンクしますね。すべてマッチするわけではありませんが、可能性という意味では調べてみる価値はありそうです。

あと日本で2番目に多い「鈴木」姓ですが、これも神社に関連しています。和歌山県熊野地方には熊野神社があり、神主だった穂積氏の一族が鈴木姓を名乗ったことに始まります。やがて平安時代以降に熊野信仰が盛んになると、鈴木姓の人たちは全国へ散らばっていきました。こうして鈴木というメジャーな苗字が広まっていったのです。
ちなみに各地へ移住していった鈴木さんたちは、地域ごとにどんどん神社を建立していき、今では熊野神社が全国に4700社もあるそうです。

神官をルーツとする家系の場合、名乗っている苗字の他に「本姓」というものがあります。これは古代以来の氏族名を表し、苗字や家名とは異なる「本来の姓」といった意味がありますね。神官は連綿と受け継がれる職業ですから、それだけ由緒ある家系ということでしょう。

先ほどの鈴木さんの本姓は「穂積」ですし、高橋さんの場合は「物部(もののべ)」が多いでしょう。織田氏も神官の家柄ですから、本姓は「忌部(いんべ)」といいました。

先祖はまさかのお坊さんだった!というパターン


最後にご先祖がお坊さんだった時のパターンです。江戸時代以降、人が僧籍に入ると俗世間を離れるため、一切の苗字を捨てました。今でこそお坊さんは苗字を名乗っていますが、当時は苗字を名乗らない職業だったのです。
ところが明治になって苗字必称義務令が施行され、お坊さんであっても苗字を申請しなくてはなりません。

そこで旧姓や先祖の苗字でなく、新たに考えたお坊さんが多かったそうです。やはり仏に仕える身らしく、仏教用語に由来する苗字を付ける人が多かったとか。
「梵(そよぎ)」や「袈裟田」「金剛」など、いかにも仏教に関連する用語っぽいです。ちなみに女優の釈由美子さんや蓮佛美沙子さんの苗字も仏教用語ですから、ご先祖はお坊さんだったのかも知れませんね。

江戸時代に檀家制度が広まったこともあり、「悩み事や相談事は住職に」という習慣が根付いていました。さて明治に入って苗字を名乗ることが義務化されると、頭を抱えるお坊さんが多かったそうです。

なぜなら自分の苗字を考えなきゃいけませんし、さらに「どんな苗字を名乗ったらいいのか教えてくれ」と相談してくる庶民が殺到したからです。かなり悩まれたのではないでしょうか。

苗字からご先祖の身分を調べる方法を解説してきましたが、やはり「苗字」「地名」「家紋」といったツールを組み合わせることで、より確実性が増すようです。
また戸籍を調べて先祖をさかのぼることも可能ですから、ぜひ機会があればトライしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です