信長死後の織田家臣団が悲惨すぎる!天国から地獄へ!


天正10年(1582年)、本能寺の変によって織田信長は横死しますが、それまで織田家を支えてきた重臣たちの運命をも一変させました。混乱の中で命を落としたり、あるいは台頭してきた羽柴秀吉に敗れ去るなど、次々に悲惨な末路を遂げたからです。
彼らにどんな運命が待ち受けていたのか?後日譚も含めてお話してまいりましょう。

主君・信長にまさかの謀反!
織田家臣団の運命を変えた男「明智光秀」


戦国最大のミステリーとされる「本能寺の変」ですが、なぜ光秀が謀反に踏み切ったのか?現在でも多くの説があって大きな謎となっています。
四国の長宗我部氏をめぐる四国説、将軍・足利義昭が裏で糸を引いたとする将軍黒幕説、あるいは信長の存在を警戒した朝廷黒幕説などなど、どれも信憑性があるものばかりです。

ところが謀反に成功した光秀ですが、その後の見通しが甘すぎました。味方と期待した細川父子や筒井順啓は仲間に加わらず、畿内の諸将も続々と離反していきます。何より光秀を驚愕させたのは。備中にいたはずの羽柴秀吉が大返しで駆け戻ってきたことでした。

まともな迎撃準備が整わないまま山崎の合戦を迎え、結果は目を覆うばかりの惨敗。光秀は敗走の途上で討たれ、さらに坂本城にいた一族のほとんどが自害を遂げました。光秀の場合は因果応報・自業自得で済みますが、他の織田家臣団にとってたまったものではありません。光秀が犯した所業のおかげで大きく運命を変えられてしまったのですから。

小栗栖の藪の中で無念の最期を遂げた光秀ですが、実は生きていたという説があります。身代わりとなって討たれたのは荒木行信という家臣で、当の光秀は京都から和泉へ逃れ、さらに生まれ故郷の美濃へ戻ったというのです。そして名を荒深(あらぶか)小五郎と改め、静かに時を待ちました。

やがて秀吉が亡くなると、光秀は江戸にいた徳川家康と会い、「乱が起これば味方するつもりだ」と約束したといいます。そして関ヶ原の戦いの直前、光秀は家康との約束を果たすべく関ヶ原へ馬を進めていきました。
ところが折からの雨で川が増水しており、老齢だった光秀は馬もろとも流されてしまったというのです。哀れに思った村人たちは光秀の墓を建て、そこを桔梗塚と呼びました。現在でも年に2度、荒深の姓を持つ地元の方によって「明智光秀公供養祭」が営まれているそうです。

混乱の中、一揆によって無念の最期を遂げる「河尻秀隆」


尾張出身で、信長の黒母衣衆筆頭を務めたという武将が河尻秀隆です。織田家の戦いのほとんどに参加し、精強な織田家臣団の中にあって「その人あり」と知られたほど。
やがて信長の嫡男・信忠の側近となり、天正10年(1582年)の甲州攻めでは副将格となって活躍しています。

勲功を認められた秀隆は、武田氏が滅んだ直後の甲斐を与えられ、初めて国持ち大名となりました。とはいえ武田旧臣が残る土地柄でもあり、秀隆を敵視する者もたくさんいたそうです。その治政は難儀を極めますが、それでも秀隆は粘り強く領民の懐柔に努め、ようやく安定した政治を進めていくのです。

しかし運命は残酷でした。秀隆が国主になってから2ヶ月後、本能寺の変が起こったことで甲斐は再び動揺します。秀隆は逃げることなく領内の慰撫に努めますが、ついに一揆が勃発して混乱は極致に達しました。やがて一揆勢に襲われた秀隆は、56歳で無念の最期を遂げたのです。

甲斐で起こった一揆の裏に、徳川家康の存在があったといいます。本能寺の変が起こるや家康は素早く動き、甲斐・信濃の併呑を目指しました。そして武田旧臣を焚きつけて「河尻の領地を与えるから味方せよ」とそそのかして一揆を起こさせたのです。

その事実を知った秀隆は怒りますが、やはり国主としての意地があったのでしょう。甲斐から動くことなく鎮撫に努めますが、あえなく討たれてしまったのです。

一度は没落した河尻家ですが、嫡男・秀長は豊臣家の直臣となりました。一時は大名として復活するのですが、関ヶ原の戦いで討ち死を遂げてしまいます。また西軍に味方した河尻家の所領は全て没収されてしまいました。
しかし弟・鎮行(しげゆき)だけが唯一生き残り、のちに江戸幕府の旗本として存続していったようです。

秀吉と熾烈な覇権争いを繰り広げた猛将「柴田勝家」


主君の仇・明智光秀を倒した羽柴秀吉ですが、その対抗馬となった人物が織田家の宿老・柴田勝家です。天下取りの野望に燃える秀吉、そして織田家を何としても守りたい勝家との全面対決となりますが、軍配は秀吉に上がりました。

天正11年(1583年)、賤ヶ岳の戦いで勝家は致命的な戦術ミスを犯し、頼みとしていた前田利家までが離反していきます。そして進退窮まった勝家は北ノ庄城で壮絶な最期を遂げました。秀吉は最大のライバルを倒したことで、天下取りへの道を加速していくのです。

柴田勝家には実子がいなかったから養子が何人もいた。という通説もありますが、実際には二人の実子がいました。しかし、いずれも庶子、いわゆる正室の子ではなかったため、柴田家の家督を継げなかったとされています。

さて勝家には4人の養子がいましたが、早く亡くなったり、秀吉によって処刑されるなど、いずれもこの世を去っています。しかし唯一、柴田勝政の子・勝重だけは生き残りました。賤ヶ岳の戦い直後に母方の祖父・日根野高吉に匿われて養育されたとか。

そして慶長4年(1599年)に勝重は徳川家康によって召し出され、2千石の所領を与えられました。さらに大坂の陣での戦功を称されて加増を受けています。やがて子孫は旗本として続いていったそうです。

秀吉に牙を剥いた豪将も…
最後は無念の切腹を遂げる「佐々成政」


秀吉に敵対したもう一人の織田家臣がいます。それが越中を領した佐々成政でした。柴田勝家が滅ぼされて以降も敵対を続け、徳川家康を味方に引き入れるなど執拗な抵抗を見せています。
ところが頼みの家康が秀吉に臣従するに及び、成政は追い詰められていくのです。天正13年(1585年)、北陸へ進撃した秀吉の大軍によって越中は包囲され、成政はついにその軍門に下りました。

やがて秀吉による九州攻めが始まると、成政も陣に加わって活躍。その戦功を称されて肥後一国の国主となりました。秀吉とすれば、かつては自分に敵対した者であっても、従順に従えば抜擢するぞとアピールっしたかったのでしょう。

ところが肥後は大変治めにくい土地柄でした。政治のやり方に反発した国衆らの離反を招き、ついに大規模な反乱が勃発したのです。秀吉が鎮圧軍を派遣したことでどうにか収まりますが、成政は「国主として不適格」の烙印を押され、ついに切腹へと追い込まれてしまいました。

こうして無念の切腹を遂げた成政ですが、残念ながら跡を継ぐべき息子はいませんでした。嫡男・松千代丸は13歳で討ち死にしていますし、次男は成政と行動をともにすることはなかったようです。母方の早川姓を名乗り、現在の名古屋市西区にあたる比良に残りました。

また成政の一族はバラバラとなり、肥後の加藤氏や讃岐の生駒氏などへ仕官したそうです。大名としての佐々家は存続できませんでしたが、子孫には有名な人物を輩出しました。
たとえば「水戸黄門」に登場する格さんのモデルは、徳川光圀に仕えた佐々宗淳(むねきよ)だとされていますし、戦後の大事件・あさま山荘事件の指揮を執った佐々淳行(あつゆき)氏がいらっしゃいます。

秀吉の野望に気付くも…時すでに遅し。「丹羽長秀」


本能寺の変以降、ずっと秀吉の味方として付き従い、その天下取りをアシストしたのが丹羽長秀です。長秀とすれば「織田家のため」という思いでしたが、気付けば秀吉の天下となっていました。
自分の行いを恥じた長秀は、秀吉の呼び出しにも応じなくなり、所領に引きこもってしまいました。越前・若狭を与えられて123万石の大名となったのですが、心の中は後悔ばかりだったはずです。

やがて心労が重なり、長年患ってきた胃の病が重くなっていきました。とうとう痛みにこらえ切れなくなった長秀は、自ら割腹して人生を終わらせてしまったのです。
死の直前、長秀は腫瘍を取り出して睨みつけ、「これがわしを苦しめてきた病の元か」と呟いたとか。また腫瘍をまるで当てつけのように秀吉の元へ送りつけたといいます。

その後、もはや大きな領地を与えるまでもないと思ったのか?それとも丹羽家に利用価値はないと思ったのか?秀吉は丹羽家の所領をどんどん削り取ってしまうのです。嫡男・丹羽長重の領地はついに4万石にまで減ってしまいました。
それでも泥水をすする思いで長重は懸命に働き、なんとか松任(まっとう)12万石まで加増されています。

起死回生を狙った関ヶ原では西軍に味方して改易されてしまうのですが、そこからが長重の凄いところです。
浪人となって江戸へ向かい、そこで熱心に再興運動を繰り広げました。また徳川秀忠が旧知だったこともあり、早くも3年後には大名として復帰を果たすのです。

また父譲りの築城の才能が認められ、最終的には陸奥白河10万石にまで加増されました。「人間、あきらめないことが肝心」そんな言葉をまさに具現化した人物だったようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です