【悲惨!】戦国時代の厳しいお金事情!武士、農民、公家の収入は?


とかく戦国時代は、合戦や武将などに注目が集まりがちですが、その時代を生きた人々がどんな暮らしをしていたのか?皆さんは興味ありませんか?今回は戦国時代の収入・お金事情について、ご紹介していきたいと思います。
ちなみに武士・農民・商人・公家など職業別に分けて紹介しますので、どうぞお楽しみください。

<武士>
働けば土地がもらえる知行システムとは?しかしそこには矛盾も…

江戸時代とは違い、武士にとって戦国の世は「土地」が全てでした。「一所懸命」という言葉があるように、自らの所領を守り抜き、あわよくばどんどん増やしたいというのが武士たちの願望です。
よく働いた武士には、その勲功の度合いによって「知行」が与えられました。いわば恩賞の土地のことですね。そこから年貢収入を得ることで、部下への俸禄や武具といった装備品を賄っていました。

ところが知行システムには矛盾があります。合戦で常に領土を獲得できるわけではなく、いくら励んでも負けることだってありました。もちろん土地は無限ではありませんから、与える土地には限りがあるのです。
そんな時、武士たちに褒賞として与えられたのが土地以外のモノです。例えば上杉謙信は、越後で取れた砂金を手づかみで家臣に与えていますし、武田信玄なども愛用の脇差といった武具を手渡したといいます。
どちらも武士にとっては利益になるモノですから、それだけで満足だったわけです。

また武士の名誉心をくすぐる褒賞もありました。まず「感状」は「良く働いたから誉めて遣わす」という意味を込めて文書で与えるもの。実際に川中島の戦いで、上杉謙信は7人の家臣に「血染めの感状」を与えています。感状をもらった家では子々孫々までその働きが伝えられますから、一族の栄誉・誇りとなるわけです。

さらに主君の諱(いみな)すなわち名前の一字を授かったり、ニックネームを与えられることもありました。徳川家康の家臣だった長坂信政は、その凄まじい働きぶりから「血鑓九郎(ちやりくろう)」という異名を与えられています。すなわち主君から武勇を認められたわけですね。

こうして主君は土地以外の価値あるモノを褒賞として与え、武士はわが身の誉れとしてありがたく頂きました。

武士の自己顕示欲を満たすものといえば、やはり官位・官職でしょうか。もちろん官位は朝廷が公式に与えるものですから、朝廷に働きかけて得る必要がありました。しかし混沌とした戦国乱世では、主君が勝手に与える場合が圧倒的に多かったようです。
「おぬしは此度の合戦でよく働いたから、今日から駿河守とする」なんてことがまかり通っていました。

しかしウソの官位とはいえ、与えられた武士にとっては名誉なことです。
「おい妻よ喜べ!首二つ取ったゆえ、伊予守を頂いたぞ!」
「まあ!あの九郎判官義経さまと同じだなんてステキ♡」
こんな会話が交わされていたのではないでしょうか。

<農民>
年貢は重いけど… 意外に豊かな暮らしをしていた!?

さて次に農民の暮らしを見ていきましょう。ちなみに江戸時代における年貢の比率は、おおむね四公六民、または五公五民だったとされています。約40~50%を税金として持っていかれるわけですね。
ところが戦国時代はさらに厳しい比率となっていました。基本的に六公四民や七公三民が当たり前とされ、60~70%が徴収されたようです。

そんなに高い年貢率では、さぞかし農民の暮らしは苦しかったのでは?と思いがちですが、それほどでもなかったようです。時代はまだ太閤検地を迎えていないこともあり、まず土地面積の計算からして曖昧でした。いわば隠し田を持とうと思えば、いくらでも持てるわけです。またどれだけの土地を持っているかは自己申告制ですから、少なく見積もれば見積もるほど農民の利益となりました。

さらに言えば、当時は石高制ではなく貫高制が一般的です。貫高制は田畑一反あたりに課税し、これに土地面積を掛けて割り出す計算法でした。瘦せた土地でも肥沃な土地でも一反は一反ですから、より豊かな土地を持つ方が利益となるわけです。

また戦国乱世は多くの名君を輩出した時代でした。農民に優しい政策を打ち出した大名も少なくありません。例えば関東の北条氏の場合、四公六民という低税率で、もし飢饉などが起これば三公七民になるなど、農民の暮らしに最大限配慮していたようです。

織田信長も同様でしょうか。奪い取った甲斐や信濃に三公七民という低い税率を常態化させ、農民たちを喜ばせました。それ以前の支配者だった武田氏は、あらゆるものに税を掛けたこともあり、領民は信長の配慮を大いに感謝したのだとか。

私たちが考えるより、戦国時代の農民は意外に豊かな暮らしをしていたのかも知れませんね。

ところで豊臣秀吉にこんな逸話があります、まだ尾張中村にいた頃、養父の竹阿弥(ちくあみ)と折り合いが悪くなった秀吉は家出する決心を固めました。母親のなかは、息子を心配して餞別として1貫文を渡したそうです。
さて1貫文を現在の価値に直してみましょう。その額は…なんと12万円。

その金額が安いと見るか?高いと見るか?もちろん人それぞれですが、秀吉の実家はとにかく貧しかったとされています。そんな貧乏暮らしの中で12万円という大金は出せるとは…おそらく、なかはやり繰り上手だったのかも知れませんね。

<商人>
商売人はやっぱり商売上手!?割を食った運送業者の実態とは?

室町~戦国時代には多くの産業や商業が生まれました。しかし江戸時代とは違い、店を構えて商いするケースは思ったより少なかったようです。商売人の多くは行商タイプで、京都などの経済都市、あるいは地方へ出向いて商売していました。

また当時の商人には特権がありました。同じ職種の者が集まって「座」を結成し、うまく商売に役立てたのです。現在で言えば同業組合のようなものでしょうか。
彼らは領主あるいは寺社に一定の上納金を収めることで、商品を一手に販売する権利や、関所の通行税を免除されたといいます。そして買い付けから販売に至るまで独占し、大きな利益を上げました。
当時の座はあらゆる業種に存在し、綿座・材木座・呉服座などなど、京都では実に40以上もの座が存在したようです。

いっぽう時の為政者のおかげで割を食った者たちもいます。それが馬借や車借、あるいは問丸(といまる)といった運送業者たちでした。彼らは物を運ぶために長い距離を移動します。ところが戦国乱世はもっとも関所がたくさんあった時代。通行料だけでもバカにならず、常に利益は圧迫されたといいます。

やがて負債を抱えた馬借は廃業する者が相次ぎ、室町幕府に借金帳消しを求めて一揆を起こす始末。金を貸してアコギな商売をしていた土倉(どそう)を襲うなど、かなり危ないこともしていたようです。
しかし信長が天下人になったおかげで無駄な関所が撤廃され、ようやく健全な商売が可能になりました。

のちに戦国大名となった斎藤道三の父・松浪庄五郎も京都近郊にいた油商人で、諸国へ営業に赴くうちに美濃・土岐家の出入り商人になっています。その縁で土岐家に仕え、やがて重臣として頭角を現したそうです。

同じく商人から武将へ転身を果たした人物もいました。小西行長は堺の豪商出身でしたが、備前の大名・宇喜多家に出入りするうちに武士となります。そしてのちに秀吉から認められて直臣へ出世しました。
いっぽう近江の鯰江(なまずえ)城を守った三井高安は、信長に敗れたのち伊勢へ移り、その孫がのちの三井財閥の始祖となったのです。

公家はツライよ!必死の生き残り作戦とは?

さて戦乱の中でもっとも割を食ったのが公家たちでした。相次ぐ合戦で京都は荒れ果て、地方に持っていた所領も武士たちに奪われる有様。特に中級・下級公家の窮乏ぶりは目を覆うばかりだったようです。
皇室ですら財政が厳しくて天皇の葬儀ができず、その御遺体を40日も放置したほど。ましてや公家たちが暮らしていくには厳しすぎました。

そこで彼らの多くは地方に新天地を求めます。越前の朝倉家、長門・周防の大内家など、各地の大名の元へ下っていき、生活の糧を求めました。そして公家たちが勤しんだのがアルバイトです。地方の武士たちは教養や典礼に欠ける傾向がありますから、そこで和歌や蹴鞠といった教養の手ほどきをしました。また色紙や短冊を書いてはせっせと売り、それなりの報酬をもらっていたようです。

教養なんて飯のタネにはならないだろうと馬鹿にしてはいけません。それは彼らなりの生き残り作戦でした。
たしかに公家は貧乏とはいえ官位だけは高いもの。田舎ではまだまだ貴人として尊敬されたことでしょう。

戦国時代、なんと公家でありながら戦国大名となった人物がいました。それが土佐へ下向した前関白(さきのかんぱく)・一条教房(のりふさ)です。その後、房家から兼定に至るまで5代にわたって土佐に君臨しました。時に周辺勢力と戦って武勇を示したといいますから、まさに武士顔負けの存在だったのでしょうね。

公家とはいえ強いものが勝つ!戦国とはそんな時代でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です